肩こりの原因は枕にあるかも!?

肩こりの原因が、心地よく眠っている最中にあったとしたらどうでしょう?
せっかく疲れを癒やすために眠ったのに、逆に疲れてしまっては元も子もありません。

 

なぜ、眠りの最中が肩こりの原因になるのでしょう。
そのポイントは枕にありました。

 

スポンサード リンク

枕によっては首に負担がかかる

あなたは自分が今使っている枕が自分にフィットしている、と自信を持って言えますか?
枕がフィットしているかどうかは心地よい眠りを得るために重要なポイントですが、
同時に肩こりが発生するか否かのポイントでもあります。

 

よくホテルや旅館に行くとフェザー枕を用意されます。
このフェザー枕、ふわふわしていて触り心地がよく、頭を置くとその形に沈んでくれて、
なんだか包まれているような感覚がして気持ちがいいものですよね。

 

でもここに落とし穴があります。
実はフェザー枕は頭を置いたあと、首の着地点がないのです。
首の着地点がない、つまり支えがない状態で眠ることになってしまうため、
結果として肩こりになってしまうというわけです。

 

柔らかい枕、高い枕はNG

先程も言ったように、柔らかい枕は首の着地点がないため、肩こりになりやすくなります。
首の支えがない=頭が不安定な状態であると体は判断し、
首の筋肉が緊張したままの状態になってしまうからです。

 

また高さのある枕は寝ている間ずっと首だけが前かがみになっている状態が続くことになります。
この姿勢がずっと続けば肩がこってしまうというのは容易に想像ができますよね。

 

このように自分が使っている枕のせいで肩こりが起こっているという可能性があるのです。
枕を選ぶときのポイントは「仰向けで寝たとき立っているときと同じ姿勢になること」です。
立った状態と同じ状態になることが肩こりにならないためには最も重要なポイントになるのです。

 

最近は眠りの科学にもとづいて作られている枕もあります。
そうしたものを使用してぜひ質の良い眠りと肩こりにならない環境を作りましょう。

スポンサード リンク